2019.12.10

business

【悲報】飲み会は圧倒的に無駄な話(ブラック企業ほど飲み会が多い)

今回のテーマは

【悲報】飲み会は圧倒的に無駄な話(ブラック企業ほど飲み会が多い)

こちらのテーマでお話ししていきます。

 

いきなりですが、あなたの会社は飲み会、たくさんありませんか?

 

特に20代とかだと断りにくいし無駄に飲まされることも多いですよね。

 

過去の自分は、技術の練習をしていると、必ず先輩が来て、練習の途中なのに飲み会に参加させられていました。

 

今の自分は、後輩に技術を教えてすぐに帰宅します。

 

過去の自分は、朝方45時頃まで飲みに連れて行かれて、7時にはまたサロンに行き練習をして仕事をしていました。

 

今の自分は、0時にはほぼ寝ていて、無駄な飲み会から解放されました。

 

全ては起業して自由に働けるようになったおかげです。

 

✅飲み会が無駄な理由

 

飲み会が無駄な理由は3つあります。

 

・時間の無駄

 

・お金の無駄

 

・健康的に無駄

 

言うまでないかもですが、一応一つ一つ解説していきます。

 

①時間の無駄

 

 

結論、ここが1番のポイントかなと思います。

 

上記の通りですが、自分は過去に美容師のアシスタントとして日々技術の練習をしていました。

 

その際に先輩が必ずきて、スタッフルームでの飲み会に強制的に参加させられたり、翌日の朝の練習にその先輩が遅刻してきて、指導を受けられないという日々を過ごしていました。

 

控えめに言ってあり得ないですよね。

 

今はあまりそうゆうのもないかもですが、飲み会って何も生まない生産性の悪い時間かなと思ってます。

 

中には「飲み会で普段話せないことを話すんだ」とか「コミュニケーションに必要なんだ」と言う方もいると思いますが、そもそもそれって勤務時間内にすることじゃないですかね。

 

仕事の事ならなおさら。

 

飲み会で仕事の話とかそれこそ時間も奪われ残業代も出ないという、1番最悪な事態ですよね。

 

まさにブラック企業というやつかなと思ったりです。

 

②お金の無駄

 

 

とはいえ、若いときは先輩に奢ってもらったりして、お金がないあのときには、すごく良かったなと思うこともありましたが、中堅ぐらいまでくると支払いがかさみます。

 

後輩の分を奢るのは、自分も過去にしていただいてきたので問題なしですが、過去にはオーナーが酔い潰れて、なぜか中堅の自分が全て精算するなんてことも多々ありました。

 

おまけに、酔い潰れたオーナーをタクシーで自宅まで送り、もちろん終電もない時間(上記の通り朝方まで)なのでそのままタクシーで帰る。

 

言うまでもなく、その日1日だけでもかなりの出費ですよね。

 

それを週に3回とか4回すると、1ヶ月の出費はかなり大きく、当時で年収700万ぐらいでしたが、かなりキツかった記憶があります。

 

これも今の時代はなかなかないかもですが、とはいえ、1回5000円の飲み会を週に2〜3回とかすると、毎月4〜6万程の出費になり、1年で50万から70万の出費になります。

 

軽く海外旅行や欲しいものは大体買えるかなと。

 

年収50〜70万上げるのは大変かもですが、上記の通り無駄な飲み会を減らせば問題なしかなと。

 

③健康的に無駄

 

 

結論、百害あって一利なしです。

 

お酒は適量なら健康的だと言う方もいるかもですが、その適量がどれくらいか知っていますか?

 

・ビール1

・日本酒1

・チューハイ1本

・ワイングラス2

・ウィスキーダブル1

・焼酎ロックグラス半分

 

こんな感じです。

 

「1杯だけ」というセリフが横行していますが、飲み会に行って本当に1杯だけで終わった事ありますか?

 

自分はたぶん1度もないです。

 

もし、本当に上記の通りの量で終われるのであれば、当然健康だけではなくお金や時間的にも、良いのかなと思います。

 

しかし、普段ビール3杯とか飲んでいる方は単純に適量の3倍ですし、それ以上飲まれる方も多いかと思います。

 

誰しもお酒の失敗は経験した事あるかと思いますが、飲んだ翌朝と、飲まない翌朝を比べると、明らかに身体の調子が違うのがわかると思います。

 

たぶん気がついてはいるけど意識していない人が多いのかなと思ったりです。

 

翌日の生産性が明確に変わるのは安易に想像がつきますし、言うまでもないですよね。

 

✅ブラック企業から抜けだそう

 

結論、ブラック企業から抜け出すのが最適解かなと思います。

 

理由は上記の項目で解説した通りです。

 

具体的には

 

・転職する

・起業する

 

・フリーランスとして働く

 

この3つかなと思います。

 

自分は起業をして、上記の項目であったことは全て解消されました。

 

今は不要な飲み会はなく、効率よく働き、生産性の高い日々を過ごせるようになりました。

 

言うまでもなく、圧倒的な自由と幸せを手に入れました。

 

美容室の起業に関しては、コメント欄やTwitterDMからも無料で相談にのります。

 

他業種の方は下記のサイトがわかりやすく有益な情報が多いかなと思いますので、参考までに。

 

質問や相談も承っておりますので、TwitterDMからお気軽にご連絡ください。

 

Twitter

 

Twitterでは日頃の豆知識や、ちょっとした有益な情報を発信しています。

 

ぜひフォローしていただき、ご覧頂ければと思います。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

ではまた。

お問い合わせContact for us

  • LINE@でご相談
  • メールor電話でご相談
友だち追加

LINEでご相談ができます!
(定休日や営業時間外など、返信に時間がかかる場合がございます。予めご了承ください。)

  • QRコード検索

    LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

  • ID検索

    LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択し上記IDを入力し検索して頂くと友だち追加できます。

お急ぎの方はお電話ください。
お電話に出られない場合もございますので予めご了承ください。
その場合はお手数ですが、LINE@やフォームよりお問い合わせください。

  • 電話でのご相談

    045-595-9860

    受付時間平日9:00-19:00

  • メールでのご相談

    worldbeater0801@gmail.com

    アドレスをクリックすると
    デフォルトのメール画面に遷移します。