2019.12.19

business

【保存版】人生でお金をかけた方がいいもの3選(ネタバレ→衣食住)

今回のテーマは

【保存版】人生でお金をかけた方がいいもの3選(ネタバレ衣食住)

こちらのテーマでお話ししていきたいと思います。

過去の自分はマックとかカップ麺が大好きでした。

今の自分は魚とかブロッコリーが大好きです。

さっそく結論なんですが、タイトルにもある通り、人生でお金をかけた方がいいものは衣食住です。

社会人なりたての時に、大先輩から頂いた言葉で、今でも意識して生活しています。

20歳から衣食住を意識して、30歳になったこの10年で、圧倒的に人生変わったのでぜひ皆さんにも意識していただければ、幸いかなと思います。

具体的にどう変わったかというと

☑️20歳の頃の自分

 

・衣

古着が好きだったりファストファッションを身につけていました。

しかし古着はお客様から印象がよくなかったり、ファストショップで購入した洋服はすぐにボロボロになってしまいました。

エピソードとして、仕事中にしゃがんだら「ズボンのお尻が破ける」なんて漫画のようなこともありました。

服は消耗品と言った感じの感覚でした。

・食

いつもコンビニのカップ麺やパンとかおにぎりを食べていました。

とにかく給料も低いし、その割に仕事で購入するものや、当時は服も消耗品だったのでお金がなく、だいたいランチは2300円ぐらいで済ませていました。

学生時代に鍛えた身体は痩せ細り、風邪を引いたり激しい倦怠感に襲われる日々でした。

・住

決して裕福な家庭ではなく、築30年、下手したら40年?以上であろうボロボロの実家に住んでいました。

自分の部屋はありましたが、親の荷物やよくわからない物がたくさんあり、狭くて汚いゴミ屋敷みたいな感じでした。

当時は忙しすぎて寝るだけみたいな感じでしたが、今思うと当時はよく平気で住んでたなと思います。

☑️現在の自分

 

・衣

良質なものを2着ずつほど、所有しています。

例えば、仕事用のシャツが2枚、パンツが2着、プライベート用のシャツが2枚、パンツが2そんな感じです。

どれも着心地や素材などにもこだわり、良い服(長く使える)物をミニマムに所有しています。

・食

低糖質のお弁当(専門の)や刺身や野菜など良質な食事をとっています。

時間的にもいい金銭的にも食に力を入れれるようになり、とても健康的になりました。

コンビニ弁当やカップ麺、マックなどのファーストフードは食べません。

・住

それなりに広くてゆとりのある家で、職場まで5分ほどの場所に住んでいます。

控えめに言って家の広さ=心の広さかなと思います。

朝もゆっくりブログをかけたり、マンション付帯のラウンジで動画を編集したり、本を読んだり、プレイルームで筋トレしたり、人生が豊かになりました。

上記のようにこの10年でだいぶ変わりました。

一つ一つについて詳しく解説していきます。

✅衣食住の「衣」について

 

まずなぜこの言葉自体がこの並びなのか。

それは「優先度」になっています。

つまり1番大切なのが「衣」です。

諸説ありますが、まず生まれた赤ちゃんが最初に着る「おくるみ」が説で衣が1番の理由だったり、シンプルに大人も服がないと外に出れないし、冬は寒かったりするので、衣が1番の理由だったり、そんな感じです。

たぶん皆さん衣服って多少なりともこだわりありますよね?

例えば「着心地」とか「暖かさ」とか「デザイン」とか。

オシャレとかオシャレじゃないとか関係なく、着るものにはこだわり、衣服の大切さを考えましょう。

✅衣食住の「食」について

 

自分が1番こだわっているところです。

やはり人間は「食べた物」で身体が出来上がります。

過去の自分のようにジャンクな食生活をしていたらジャンクな身体になりますし、今の自分のように良質な食生活を心がけていれば、圧倒的に健康になり、仕事の生産性も高まります。

具体的に良質な食べ物とは

・高タンパクな赤味などの脂肪が少ないお肉

・健康に良い脂を多く含んだ魚(特に生魚)

・ビタミンやミネラル、食物繊維を多く含んだ野菜

こんな感じです。

調理方法も揚げ物よりも、生だったり茹でる調理法がオススメです。

逆に食べない方がいい物は

・マックなどのファーストフード

・カップ麺などコンビニのご飯

・お菓子や加工食品

こんな感じです。

✅衣食住の「住」について

 

 

住については圧倒的に「自己成長」だったり人としての「価値観」に直結してきます。

やはり周りがうるさかったり、空間が狭いと、控えめに言って生産性が下がります。

「そもそも家で仕事しない」とか「仕事忙しくて寝るだけだから気にしない」という方もいるかもしれませんが、これからの時代、大半の仕事は「どこかに出勤する」から「自宅で作業」に変わっていきます。

一部のサービス業や接客業以外の人は、会社に出勤するより自宅で作業をする人が増えてきます。

そして、優良企業ほど「週休3日制」や「在宅ワーク」が増えてきます。

そして、副業が当たり前の時代になり、ブログやYouTube、その他「自宅で稼ぐ」人が急増してきます。

なので帰りが遅くて寝に帰るだけの人も激減しますし、言い方が悪いかもですが、もしそのような方がいたとしたら転職した方がいいかなと思います。

あとシンプルに静かでゆったりしたスペースで寝る方が圧倒的に「睡眠の質」が上がり、日々の生産性が爆伸びしますよ。

その他質問や相談も承っておりますので、TwitterDMからお気軽にご連絡ください。

 

Twitter

 

Twitterでは日頃の豆知識や、ちょっとした有益な情報を発信しています。

 

ぜひフォローしていただき、ご覧頂ければと思います。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

ではまた。

お問い合わせContact for us

  • LINE@でご相談
  • メールor電話でご相談
友だち追加

LINEでご相談ができます!
(定休日や営業時間外など、返信に時間がかかる場合がございます。予めご了承ください。)

  • QRコード検索

    LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

  • ID検索

    LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択し上記IDを入力し検索して頂くと友だち追加できます。

お急ぎの方はお電話ください。
お電話に出られない場合もございますので予めご了承ください。
その場合はお手数ですが、LINE@やフォームよりお問い合わせください。

  • 電話でのご相談

    045-595-9860

    受付時間平日9:00-19:00

  • メールでのご相談

    worldbeater0801@gmail.com

    アドレスをクリックすると
    デフォルトのメール画面に遷移します。