2019.10.12

Opening

美容室の独立、開業は個人事業主ではじめるべき【法人設立はまだはやい】

今回は

美容室の独立、開業は個人事業主ではじめるべき【法人設立はまだはやい】

 

というテーマでお話ししていきます。

 

美容室の独立、開業する際の悩みや疑問として

 

・個人事業主と法人の違いがわからない

 

・美容室を開業する際、どちらが良いのか知りたい

 

・将来的にどうしていくのが良いか知りたい

 

このような事を考える方多いと思います。

 

この記事を読んでいただくと

 

①個人事業主と法人の違いがわかる

 

②美容室を開業する際、状況に応じてどちらが得策かわかる

 

③将来、会社が成長してきたら、どうするべきわかる

 

この記事の信頼性として

 

・美容師歴が11年で管理美容師の免許有り

 

・美容室を2店舗経営していて、年商は8桁以上

 

・美容室向け開業コンサルティング会社を経営している

 

以上の事から、この記事の信頼性の担保になるかと思います。

 

ではさっそく本題です。

 



①個人事業主と法人の違いがわかる

 

 

それぞれの違い、をわかりやすく比較していきますので、下記をご覧ください。

 

個人事業主

法人

手続きや費用

開業届を出すだけなので0円        

定款(会社としてのルール)作成・法人登記が必要 (約1ヶ月で費用は25万円ほど)

税金や経費

経費として使える範囲が狭い

経費として使える範囲が広い(給与や保険料など)

社会的信用

低い

高い

決算方法

個人で確定申告

法人決算書作成(税理士必須)

社会保険

任意

5人以上の場合必須

 

わかりやすく必要な部分だけ表にしました。

 

まず、「手続きや費用」に関しては、圧倒的に個人事業主の方が楽です。

 

法人は時間とお金がかかります。

 

税金や経費に関しては、個人事業主で経費になるものは、法人でも全て経費になります。

 

さらに法人の場合、他にも経費として認められる項目が多いです。

 

社会的信用はやはり法人の方が高いです。

 

中には法人としか契約しない会社もあります。

 

1年間の決算」については税理士を付ける場合は、全て税理士がやってくれるので、法人の方が楽ですが、かなりコストがかかります。

 

個人事業主は逆にかなり手間にはなりますが、コストがかからないのがメリットです。

 

社会保険に関しては、個人事業主の場合は、一応任意です。しかし従業員が5名以上個人も法人も必須になります。

 



②美容室を開業する際、状況に応じてどちらが得策かわかる

 

 

①では個人事業主と法人との違いを解説しましたが、では美容室を開業する際はどちらが良いのか。

 

結論、「少人数なら個人事業主」5名以上の場合は法人」を設立しましょう。

 

理由は、「約1000万を分岐に、税金に差が出てくるから」です。

 

詳しく解説していきます。

 

具体例として

 

消費税について、個人事業主は、2年前の売り上げが1000を超えると、消費税の支払い義務が発生します。

 

つまり、美容室を開業したばかりだと、2年前が存在しないので、消費税の支払い義務は発生しません。

 

開業1年目で1000万円を超えた場合、2年後の3年目から、消費税支払い義務が発生します。

 

さらに、個人事業主から法人を設立すると、消費税の支払い義務がリセットされます。

 

つまり、個人事業主で2年間売上1000万円を超えた後に法人を設立すると、さらに2年間は消費税の支払い義務が発生しないことになります。

 

正直、知らないとかなり損します。

 

美容室の独立、開業の際は、こちらを頭に入れながら、規模や人数を考慮して始められると、かなり賢い経営ができると思います。

 

ヘアサロン【ホットペッパービューティ】

③将来、会社が成長してきたら、どうするべきわかる。

 

 

結論、「完全に法人設立」です。

 

理由は、「成長した先は法人設立がメリットがある」からです。

 

例外として

 

・人を雇用しない

 

・売上は1000万以下を維持

 

・会社を大きくするつもりはない

 

このような人は個人事業主でいた方が良いかと思います。

 

しかし、9割の人は少しずつでも成長させたいし、成長していくものです。

 

良い仕事をしていれば、お店は成長していきます。

 

「お客様は増え続けて、スタッフは増えない」

 

こんなことはあり得ませんよね。

 

なので、①と②で解説してきた通り、法人を設立するとメリットがたくさんあります。

 

・経費の幅が広がる

 

・社会的信用の獲得

 

・税金関係

 

美容室の開業をする人は、美容師を辞めて経営に専念する人以外は、このような事も考えていかなければなりません。

 

この記事が、これから美容室を開業する人にとって、少しでもお役に立つことができれば幸いです。

 

質問や相談も承っておりますので、TwitterDMからお気軽にご連絡ください。

 

Twitter

 

Twitterでは日頃の豆知識や、ちょっとした有益な情報を発信しています。

 

ぜひフォローしていただき、ご覧頂ければと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

ではまた。

 

 

ローランドビューティーラウンジ

お問い合わせContact for us

  • LINE@でご相談
  • メールor電話でご相談
友だち追加

LINEでご相談ができます!
(定休日や営業時間外など、返信に時間がかかる場合がございます。予めご了承ください。)

  • QRコード検索

    LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

  • ID検索

    LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択し上記IDを入力し検索して頂くと友だち追加できます。

お急ぎの方はお電話ください。
お電話に出られない場合もございますので予めご了承ください。
その場合はお手数ですが、LINE@やフォームよりお問い合わせください。

  • 電話でのご相談

    045-595-9860

    受付時間平日9:00-19:00

  • メールでのご相談

    worldbeater0801@gmail.com

    アドレスをクリックすると
    デフォルトのメール画面に遷移します。